国鉄真岡線の遺産を巡る

国鉄分割民営化から約30年。真岡線内には、国鉄時代の遺産が数多く残っています。駅構内や沿線をよく見てみると、懐かしいものがたくさん。そんな、国鉄真岡線の遺産を巡りたいと思います。

<下館駅>

下館駅の南東側には、旧下館保線区の建物が残っており、正門跡には「水戸鉄道管理局 下館保線区」の表札が残っています。

正門跡

水戸鉄道管理局 下館保線区の文字が残る表札


<折本駅>

折本駅には、国鉄時代の木造駅舎が残っています。上りホームには、テコ小屋の跡もありあます。

レトロな駅名標が残る上りホーム

テコ小屋の跡は、可愛らしい花壇になっています


<久下田駅>

久下田駅には、テコ小屋跡や貨物ホームの跡があります。

ホーム下に空間があり、テコ小屋があったことが分かります。

下りホームの西側には、貨物ホームの跡があります。


<寺内駅>

寺内駅には、国鉄時代の木造駅舎が残っているほか、出札口跡やテコ小屋の跡があります。

国鉄時代の雰囲気が残る木造駅舎

待合室では、出札口跡が残っています。

ホーム北部には、貨物ホームが残っています。

駅舎内の待合室

ホーム上には、テコ小屋跡が残っています。


<真岡駅>

真岡駅には、国鉄時代のポイント小屋や給水塔、テコ小屋の跡などあります。

上りホームには、テコ小屋の跡があります。

真岡駅の北部・南部には、木造のポイント小屋が残っています。現在は、物置になっているようです。

真岡駅4階には、国鉄時代の資料が展示されています。

国鉄時代が残る、SLの給水塔。

真岡駅の西側には、国鉄時代に活躍した車両達が眠っています。

キューロク館の客車内は、国鉄時代の雰囲気が残っています。


<西田井駅>

3セク化後に改築された駅舎。木造駅舎テコ小屋跡や貨物ホーム跡が残っています。

下りホームには、テコ小屋跡が残っています。

駅舎の東側には、貨物ホーム跡が残っています。


<益子駅>

益子駅では、国鉄時代に貨物扱いを行っていた名残を感じることができます。

駅舎の西側には、国鉄時代に貨物扱いを行っていた名残で、広い敷地があります。

益子駅の南東側の線路と住宅の間にある微妙な敷地。国鉄時代には、ここに2線側線がありました。


<七井駅>

七井駅には、国鉄時代のテコ小屋の跡や国鉄職員の官舎跡を見ることができます。

上りホームには、テコ小屋の跡が残っており、ホーム側面には滑車も残っています。

駅前広場の北側にある公園。国鉄時代には、この場所に国鉄職員の官舎がありました。


<市塙駅>

市塙駅には、国鉄時代の側線跡や国鉄職員が使用していた官舎の建物が残っています。

上りホームの東側にある車止め。国鉄時代に貨物扱いを行っていた時の側線跡でしょうか。

駅舎の北側にある広大な空き地。ここには、国鉄時代に側線があり、貨物扱いを行っていました。


<茂木駅>

茂木駅には、貨物ホーム跡や木造の詰所、腕木式信号機の基礎土台が残っています。

茂木駅の南側には、腕木式信号機(場内信号)の基礎土台が残っています。

駅舎の南側には、僅かに貨物ホームの跡が残っており、線路跡は駐車場に転用されています。

駅構内の西側には、国鉄時代に建てられた木造の詰所や倉庫が並んでいます。

ホーム下には空間があり、テコ小屋があったことが分かります。


 

◆不定期で更新していきますので、ご期待下さい♪

【現在のSLもおか号の牽引機】

SLもおか号の牽引機は、C11325となっています。

※急きょ変更の場合あり。

最新情報はこちら☟

真岡鐵道プロジェクトTwitter

@mokarailwaypt

※お知らせ※

当サイトは、管理人「かもっち」が個人で運営している真岡鐵道お非公式HPです。当HPは、真岡鐵道の情報を随時発信し、多くの皆さまに真岡鐵道の魅力をお伝えするために運営しています。ご質問・ご意見等は管理人までお問い合わせ下さい。

Since 2011.12.1~