DD13-55の紹介

DD1355は昭和42年にDD554として富士重工で製造され神奈川臨海鉄道で活躍していましたが、真岡鐵道が小型機関車を探していたところに同鉄道から購入・改造し、平成6年からSLもおか号の回送牽引機として活躍しました。しかし老朽化のため、平成16年に後継機のDE101535にその座を譲り引退しました。

・諸元表

形式:DD13-55

全長:13,600mm

全幅:2,836mm

全高:3,950mm

重量:55t(運転整備)

動輪直径:860mm

最高運転速度:70km/h

定格出力:500Ps/1,500rpm

製造会社:富士重工宇都宮工場

製造年:昭和42年

保安装置:ATS-S

【現在のSLもおか号の牽引機】

SLもおか号の牽引機は、C11325となっています。

※急きょ変更の場合あり。

最新情報はこちら☟

真岡鐵道プロジェクトTwitter

@mokarailwaypt

※お知らせ※

当サイトは、管理人「かもっち」が個人で運営している真岡鐵道お非公式HPです。当HPは、真岡鐵道の情報を随時発信し、多くの皆さまに真岡鐵道の魅力をお伝えするために運営しています。ご質問・ご意見等は管理人までお問い合わせ下さい。

Since 2011.12.1~